ピースキーパーの驚きの新事実【Apex Legends】
スポンサーリンク

ADS時と腰撃ちの精度は変わらない

今回のメインテーマである事をいきなり話していこうと思います。

最初にこちらのTweetの動画をご覧ください。

FPS/TPSに詳しい方は既に「あれ?」と感じていると思います。

最初に腰撃ちをし、その後にADSをして撃ったにも関わらず集弾率が一切変わっていません。

普通は以下のように変わります。

ADS時の方が3点の弾が纏まっていると思います。

これが普通なのです。

これは、距離的な問題ではなく全距離同じです。

弾痕が全く一緒なのが確認できます。

スポンサーリンク

ダメージ数の変化について

集弾率は一緒でも、実際のヒット数とダメージは流石に変わるでしょ?って思いますよね?

以下の動画をご覧ください

腰撃ち時のヒット数とダメージです。

ADS時のヒット数とダメージです。

ヒット図とダメージ共に一切変化がない事が分かります。

スポンサーリンク

ピースキーパーの正しい撃ち方

ADSも腰撃ちもダメージが変わらないなら基本的に覗く必要はないです。

覗くことによるアドバンテージはアタッチメントをつけた時のみでしょう。

また、ヘッドショットを狙って撃ったにも関わらずダメージが「15」とかしか入んなかった経験がありませんか?

それは、集弾率はが変わらない為ヘッドショットを狙うとヒット図の上が殆ど入らず下の○2個分ぐらいしか入らないからです。

覗く事のメリットよりデメリットの方が多い為、ショットガンを使う場面(近距離)では覗く必要はないので腰撃ちをしましょう。

今後の修正はあるのか?

開発者はこれについて以下のように述べています。

✳︎言葉自体は違いますが解釈は一緒ですのでよろしくお願いします。

ピースキーパーのプレシジョンチョークをより有益にする事ができる

と述べています。

つまり、今後ピースキーパーの集団率の改善はしない事がほぼ確定とされます。

プレシジョンチョークのチャージをいかに運用するかが今後の鍵となりそうです。

遂にシーズン1開始!!新レジェンドとバトルパスの詳細【Apex Legends】

目次1 シーズン1『ワイルドフロンティア』2 新レジェンド「オクタン」の詳細3 各レジェンドの調整4 バトルパスの詳細 シーズン1『ワイルドフロンティア』 シーズン1『ワイルドフロンティア』の開始日時は3月20日午前2時 新レジェンド『オク…

PS4の最強設定【Apex Legends】

PS4版『Apex Legends』のオススメキー配置の紹介

エイム力を鍛える方法【Apex Legends】

ApexLegendsのエイム上達法

Switchおすすめ感度&設定【Fortnite】

使用デバイス ・感度設定 感度はよく質問でくるので載せますが、自分に合ったのを見つけるのがベストです、色々試し […]

シーズン1のバトルパス詳細【Apex Legends】

目次1 バトルパスの価格2 バトルパス購入特典3 バトルパスで貰える報酬一覧4 シーズン1無料報酬 バトルパスの価格 仕様は『Fortnite』と同じでバトルパスとバトルパスバンドルというのが用意されています。 どちらを買うかの判断は「どれ…

previous arrow
next arrow
Slider
Play
Play
Play
Play
Play
Play
previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事